Back

ⓘ 宮寺勝利. 宮寺 勝利 (みやでら かつとし、1940年11月4日 - )は、東京都目黒区出身の元プロ野球選手(捕手)・解説者。 ..




                                     

ⓘ 宮寺勝利

宮寺 勝利 (みやでら かつとし、1940年11月4日 - )は、東京都目黒区出身の元プロ野球選手(捕手)・解説者。

                                     

1. 経歴

日体荏原高校では1958年に全国高等学校野球選手権東京大会で5回戦まで進出するが、明治高に敗退。高校卒業後は東洋大学に進学。東都大学リーグでは、高校同期の広沢忠雄(電電東京)とバッテリーを組み、1961年秋季二部リーグで優勝。入替戦で専大を降し、1962年春季リーグから一部リーグへの初昇格を果たす。同季は三沢今朝治(駒大)に次ぐ、リーグ2位の打率.409を記録し、ベストナイン(捕手)にも選出された。

大学卒業後の1963年に読売ジャイアンツへ入団するが、在籍中の公式戦出場は僅か32試合に留まった。1967年、高倉照幸外野手との交換トレードで西鉄ライオンズへ移籍。それまで正捕手だった和田博実が高倉の後の左翼手に回ったため、レギュラーとして127試合にマスクを被る。同年にはオールスターゲームにも初出場。1969年には故障もあり村上公康に定位置を譲るが、翌年には復活し、その後は村上や片岡新之介と激しいポジション争いが続いた。1974年には楠城徹の入団もあって出場機会が減り、同年限りで引退。

2度目のオールスター戦出場を果たした1973年は、ライオンズとロッテオリオンズとの間に、ジム・ラフィーバーの獲得競争を巡る遺恨が尾を引いており、8月1日の試合で宮寺は、かつてのチームメイトであるオリオンズの金田正一監督に「バカ野郎!!」と罵声を浴びせられた。翌年4月27日のオリオンズ戦では、外野フライでタッチアップを試みた相手チームの三塁走者・弘田澄男を、片足を掛けるようにブロックした。この行為が原因で金田が宮寺に蹴りを入れ、三塁手のドン・ビュフォードが飛び掛かって金田を押し倒し、これが両チーム入り乱れての乱闘に発展した。

引退後は稲尾和久が経営する「稲尾商事」に勤めながら、テレビ西日本で解説者を務めた。現在も福岡県に在住し、少年野球チームの指導者として活躍している。

                                     

2. 詳細情報

年度別打撃成績

  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

記録

  • オールスターゲーム出場:2回 (1967年、1973年)

背番号

  • 13 (1963年)
  • 40 (1965年 - 1966年)
  • 10 (1964年)
  • 28 (1967年 - 1974年)
                                     

3. 関連項目

  • 埼玉西武ライオンズの選手一覧
  • 読売ジャイアンツの選手一覧
  • 東洋大学の人物一覧
  • 東京都出身の人物一覧