Back

ⓘ インド哲学 (インドてつがく、darsana、ダルシャナ)は、哲学の中でもインドを中心に発達した哲学で、特に古代インドを起源にするものをいう。インドでは宗教と哲学の境目 ..



インド哲学
                                     

ⓘ インド哲学

インド哲学 (インドてつがく、darsana、ダルシャナ)は、哲学の中でもインドを中心に発達した哲学で、特に古代インドを起源にするものをいう。インドでは宗教と哲学の境目がほとんどなく、インド哲学の元になる書物は宗教聖典でもある。インドの宗教にも哲学的でない範囲も広くあるので、インドの宗教が全てインド哲学であるわけではない。しかし、伝統的に宗教的な人々は哲学的な議論をしてその宗教性を磨いている伝統がある。

古来の伝統と思われる宗教会議が現在も各地で頻繁に行われている様子で、会議では時には宗派を別にする著名な人々が宗教的な議論を行う。これは数万人の観衆を前にして行われることもあり、白熱した議論が数日にかけて、勝敗が明らかになるまで行われることもある。この場合、判定をする人物がいるわけではなく、議論をする当人が議論の成行きをみて、自らの負けを認める形を取るようである。

インドの宗教、哲学はこのような伝統の中で磨かれたものと思われる。

インド哲学の研究、特にインド仏教学(チベット仏教学も内包する)では、第二次世界大戦前にはドイツがリードしていたが、現代では日本の学会が世界の研究をリードしている。

                                     

1. インド哲学研究室

  • 東京大学インド哲学仏教学研究室
  • 日本
  • 京都大学インド古典学研究室
  • 名古屋大学インド文化学研究室
  • 北海道大学宗教学インド哲学講座
  • 東北大学インド文化学講座
  • 広島大学インド哲学研究室
  • 大正大学仏教学研究科梵文学研究室
  • 大阪大学インド学仏教学研究室
  • 九州大学インド哲学史研究室
  • 東洋大学文学部東洋思想文化学科
  • 龍谷大学現代インド研究センター
                                     

2. 関連項目

  • インドの仏教
  • 仏教
  • 東洋哲学
  • ヒンドゥー教
  • ヴェーダ - 最も古くに文書化された4つの聖典(『リグ・ヴェーダ』、『サーマ・ヴェーダ』、『ヤジュル・ヴェーダ』、『アタルヴァ・ヴェーダ』)の名称。ヴェーダの本書(サンヒター)は、更に古い時代から文書化を避け口伝で伝わっていたものを文書化したもので、インド哲学の最古層といえる。
  • インド・イスラーム哲学
  • ウパヴェーダ - 副ヴェーダ。上記の4つの正のヴェーダに対しての『アーユル・ヴェーダ』、『ガンダルヴァ・ヴェーダ』、『ダヌル・ヴェーダ』、『スタハパティア・ヴェーダ』の4つ。ヴェーダの応用編。
  • ミーマーンサー学派 
  • ヴァイシェーシカ学派
  • ヨーガ学派
  • インド神話
  • 六派哲学
  • ヴェーダーンタ学派
  • インド思想史学会
  • サーンキヤ学派
  • ニヤーヤ学派
  • ウパニシャッド - 宗教的な聖典の中でも、より哲学的な要素が多い書籍類の総称で、200種類を超え、紀元前800年に書かれたものから、16世紀に書かれたものまである。奥義書とも翻訳される。
  • 日本印度学仏教学会
  • インド論理学
主要な人名

マハーヴィーラ、釈迦、ガウダパーダ、シャンカラ、ラーマーナンダ、マーダヴァ、ヴァッラバ、カビール、ナーナク、ラーマクリシュナ、ヴィヴェーカーナンダ、オーロビンド・ゴーシュ、タゴール

主要な団体

アーリヤ・サマージ、ブラフモ・サマージ

インド哲学を専門的に研究する研究機関
Free and no ads
no need to download or install

Pino - logical board game which is based on tactics and strategy. In general this is a remix of chess, checkers and corners. The game develops imagination, concentration, teaches how to solve tasks, plan their own actions and of course to think logically. It does not matter how much pieces you have, the main thing is how they are placement!

online intellectual game →