Back

ⓘ 宮永英一. 宮永 英一 (みやなが えいいち、1951年6月20日 - )は、日本の沖縄県出身の歌手、ドラマー。通称Chibi。 ..




                                     

ⓘ 宮永英一

宮永 英一 (みやなが えいいち、1951年6月20日 - )は、日本の沖縄県出身の歌手、ドラマー。通称Chibi。

                                     

1. 略歴

生まれは那覇市であるがコザで育つ。父親はアメリカ兵だった。ベンチャーズに影響を受け1966年に音楽の世界へ入る。1973年「紫」に加入。

1978年に紫を脱退後は「コンディション・グリーン」など複数のバンドに参加するなどの音楽活動をおこなった。

1980年、『サンディエゴ』に参加、CBSソニーよりリリースされた1st『SAN-DIEGO』から”ジャンピング・モンキー”が日本テレビ系ドラマ「猿飛佐助」の主題歌としてアップ。

元『コンディショングリーン』のギタリスト、”シンキ”と『HEAVY METAL ARMY』、後に『EASTAN ORBIT』としてキングレコードより2枚のアルバムを発表。

1983年に元紫のジョージ紫率いる「ジョージ紫&オキナワ」に加入するもその後解散。

1988年、『ZODIAC』を結成する。また、自分のルーツである琉球音楽に傾倒する。

1995年、”ケーシー・ランキン”とのユニット『琉球マジック』、アルバム” RYUKYU MAGIC ”発表。

90年代末には、ジョージ紫らと「紫」を再結成する。

2008年6月13日にはプロデビュー40周年記念リサイタル「宮永英一、私が愛するコザを語る」をミュージックタウン音市場(沖縄県沖縄市、旧コザ市)設立1周年記念事業で公演。音楽活動のかたわら、沖縄県ロック協会の会長やNPO沖縄県音楽文化振興会の副理事長も務める。2009年には人から人へと北海道から天龍(ハードロックバンド)を結成(Gr.鴨崎、Bass.石原)。2010年には東久邇宮文化褒章を受賞した。

2011年東日本大震災の年には、全国で積極的にチャリティーライブを行った。

2017年4月、『CHIBI with Friends』結成。2020年9月にはNHK・ETVでETV特集「基地の町にロックは流れて」で宮永英一の人生と、沖縄・米軍基地の戦後史、ベトナム戦争やコザ暴動などに関するドキュメンタリー番組が放送され、視聴者の理解を深めた。