Back

ⓘ 深山明. 深山 明 (みやま あきら、1949年 - )は、日本の経営学者。兵庫県神戸市出身。ドイツ経営学、すなわち経営経済学が専門であり、特に原価や固定費、危機マネジメン ..




                                     

ⓘ 深山明

深山 明 (みやま あきら、1949年 - )は、日本の経営学者。兵庫県神戸市出身。ドイツ経営学、すなわち経営経済学が専門であり、特に原価や固定費、危機マネジメントといった生産論の研究に力を入れている。関西学院大学商学部教授。

                                     

1. 経歴

  • 1972年 関西学院大学商学部卒業。
  • 1981年 関西学院大学商学部助教授。
  • 1987年 関西学院大学商学部教授。
  • 1977年 関西学院大学大学院商学研究科博士課程修了。
  • 1977年 関西学院大学商学部専任講師。
  • 1990年 著書『西ドイツ固定費理論』により、関西学院大学より商学博士の学位を授与される。
                                     

2. 著書・訳書

  • 『ドイツ固定費理論』(森山書店、 2001年10月)
  • 『経営学の歴史』海道ノブチカと共著、2001年3月
  • ディーター シュナイダー著『企業者職能論』(翻訳)(森山書店、2008年1月)
  • 『西ドイツ固定費理論』(森山書店、1987年5月)
  • 『日本とドイツの経営』 大橋昭一・海道ノブチカと共著、1999年7月
  • 吉田和夫、大橋昭一監修『最新 基本経営学用語辞典』海道ノブチカ・廣瀬幹好と編著同文館、2015年3月
  • 『企業危機とマネジメント』(森山書店、2010年7月)
  • 『基本経営学』海道ノブチカと編著(同文館、2010年1月。2015年3月改訂版)

その他著書・訳書・論文が多数あり。