Back

ⓘ 宮西真冬. 宮西 真冬 (みやにし まふゆ、1984年 -)は、日本の小説家、推理作家。 ..




                                     

ⓘ 宮西真冬

宮西 真冬 (みやにし まふゆ、1984年 -)は、日本の小説家、推理作家。

                                     

1. 経歴・人物

山口県出身。メフィスト賞に応募した『秘密の花園』が賞の座談会に残る。2016年、心理サスペンス『誰かが見ている』で第52回メフィスト賞を受賞する。2017年、同作が刊行され、覆面作家としてデビューする。大学時代には映画サークルに入っていて、シナリオを書いていた。影響を受けた作家として、辻村深月や村山由佳を挙げており、好きなミステリ作品として、辻村の『スロウハイツの神様』を挙げている。趣味は、読書と映画鑑賞。

                                     

2.1. 作品リスト 単著

  • 誰かが見ている(2017年4月 講談社 ISBN 978-4-06-220470-5 / 2021年2月 講談社文庫 ISBN 978-4-06-522541-7)
  • 友達未遂(2019年4月 講談社 ISBN 978-4-06-513965-3)
  • 首の鎖(2018年5月 講談社 ISBN 978-4-06-221073-7)
                                     

2.2. 作品リスト アンソロジー

「」内が宮西真冬の作品

  • Story for you(2021年3月 講談社 ISBN 978-4-06-522796-1)「一日経ってから開封してください」
                                     

2.3. 作品リスト 雑誌掲載作品

小説
  • 「彼女の背中を押したのは」 - 『カドブン ノベル』2020年12月号(KADOKAWA)
エッセイ
  • 「思い出ステーション」 - 『小説すばる』2017年8月号(集英社)
  • 「リレーエッセイ 私のとっておきシネマ 第213回」 - 『小説推理』2019年4月号(双葉社)
  • 「あとがきのあとがき『友達未遂』」 - 『メフィスト』2019 VOL.2(2019年8月、講談社)